作成者別アーカイブ: takaraya

援デリ

援デリにいる子って、ブサイクか何か難があるのばっかりだよね。
まともに話が通じればマシってレベル。
普通に生きてたら、お目にかかれないような妖怪レベルのが当たり前のようにいる。
最初は怖いもの見たさで援デリ利用してたけど、最近は、そういうのが逆に面白いなって思えるようになってる(笑)
日本って生きずらいじゃん。ある一定のレベルじゃないと日の目を見られないみたいな?
だけど、援デリとかだと、一定レベル以下なのがゴロゴロいて、「日本も捨てたもんじゃないな」なんて思ったりする。
いや、こういう日陰にしか生きられないのだって、なんとかして生きていけるんだなーって逆に安心するよね。
そりゃ、最初はびっくりするよ、援デリ。
だけど、その雰囲気にある程度慣れてしまうと、かなりのキワモノでも全然オッケーになって、免疫ついてくるんだよ。
援デリ
凄いババア来ちゃうこともあるよ。デブとかブスとかもいるし!
障害抱えてる子が来ることだってある。
まぁ、逆に欠損とかだと、マニアがいるそうだから、援デリじゃなくても需要はありそうだけどね。
俺の場合は、別にフェチとか特殊な性癖があるわけじゃなくて、なんとなくディープな世界に対するあこがれみたいなものから入ったから。
で、慣れてくると「この程度だったら大丈夫」って大丈夫の最低ラインがどんどん下がって来るわけ。
今は、どんなのが来てもうろたえない自信はあるね。
もちろん、そういう子とお付き合いしたいとは思わないし、実生活で関わり持ちたいとも思わない。
性欲の吐け口に使う程度だったら割り切れるって感じだね。
ツイッターでセフレ
アマギフ詐欺